【就活】YoutubeやNetflixを使った英語の勉強方法?TOEICの実践練習を無料で受ける方法(2020/06/28実施予定)

こんにちは。徐々にコロナ騒動も沈静化しつつありますが、来年以降に就職活動を予定されている方は非常に不安を抱えていると思います。

さて、就活のエントリーシートに必ずと言ってよいほど記載するものにTOEICやTOEFLの点数があるかと思います。点数は高いに越したことがありません。今回は、実践しやすい英語の勉強方法と2020年6月末に実施されるTOEICの無料キャンペーンについて紹介したいと思います。

この記事は2020年6月上旬に記載しています。TOEICのお試し試験については、2020年6月28日実施予定のため、それ以降にこの記事を読んでくださっている方は勉強方法の部分のみ参考にしてみてください!

英語の実力

まずは私自身の就職活動の際に記載していた英語の点数について(恥ずかしながら)紹介します。

ざっとこんな感じでした。志望していた業界は特に英語を重視していたわけではないため、試験対策をきちんと行ってはいませんでした。しかし、この点数をエントリーシートに載せていると、英語について話題の一つとして話を振られることが多かったです。

せっかく話題を振ってくださったのに「何となく勉強してました」ではもったいないですね。

例えば「国際学会で発表するために勉強を行い、実力を数値で測るために試験を受けた」「外国人と関わる機会があったときに、まずは聞く能力を身に着けたく、試験勉強を行いながら英語の基礎力をつけるために勉強した」などと言えれば、印象がいいと思います。

一方で、そもそもきちんとTOEICの勉強をしている時間がない、英語はあまり好きではないという方も多いと思います。翻訳アプリ等も正確に機能している中で、わざわざ英語を学ぶ必要はないともいえるかもしれません。

ただし、面接官が聞きたいのはあなたが英語ができるかどうかではありません。本当に英語ができる人が必要なら外国人を雇えばいいだけの話ですので。

何のために英語を勉強したのか」そして結果はどうだったのか」「会社ではどう生かしていけるのか」英語の試験の点数という話題から面接官はあなたの考え方を読み取ろうとします

”英語は面接のツール”と割り切って勉強してみたいと思う方、以下にお勧めの勉強方法を記載していますので是非ご覧ください。

YoutubeやNetflixを用いたお勧めの勉強方法

「英語を勉強している時間や気力は残ってないよ」という方に必見な勉強方法があります。

突然ですが、一週間の間にYoutube やNetflixを見ている時間はどれくらいありますか?サブスクの文化が進んでいる中で動画視聴についつい時間を費やしてしまう方も多いと思います。

もし、動画を見ながら英語の勉強も気軽にできたら一石二鳥ですよね。今回はLLY(Language Lerning w/ YouTube)というGoogle Chromeの拡張機能について紹介したいと思います。

以下で紹介するのは主にYouTubeでの拡張機能ですが、同様の拡張機能としてLLN(Language Lerning w/ Netflix)というものがあります。Youtube は見ないけどNetflixは見るという方はこちらの拡張機能を導入してみてください。

Chromeの拡張機能でLLYを入れて、Youtubeの動画を閲覧すると、画像のように画面上に英語字幕・日本語字幕、隣に英語字幕の一覧が表示されるようになります。

これなら動画を見ながらリーディングとリスニングの勉強が同時にできるようになりますね。また、私の個人的なお勧めポイントは、わからない英単語があった場合に、右側の字幕の該当する部分にカーソルを合わせると辞書が表示される点です。

YoutubeやNetflixで見るような動画のほとんどには台本があります。台本は基本的には正しい文法、その場に適した単語が選ばれています。いきなり外国人と話すのはハードルが高くても、動画を見ながら推敲された文章を用いて勉強が無料で出来るのはやってみる価値があると思いませんか?

お金を払ってテキストを購入すると、全部やり切れなかった際に後悔してしまうため、自分に合っていないテキストも完遂したい気持ちになると思います。一方で無料で見れる動画なら、自分に合わない動画はいつでも変更できますし、飽きたらやめることもできます。

ちりも積もれば山となる。一日少しずつでも動画を見ながら気軽に勉強していくと、いつか試験の点数という数字として結果に表れると思います。

冒頭でも書きましたが、今回紹介したのはYoutubeを利用したLLYという拡張機能ですが、Netflixを用いたいという方はLLNという拡張機能を入れてください。使い方や機能は基本的に同じです。

無料で受験できるTOEIC試験

”密”を防ぐために、会場を用いて行う試験は何かと中止になってしまっています。就活が始まるまでに試験の結果をとっておきたい方にはきつい時期かもしれません。

そんな中でTOEICを主催している協会が粋な計らいをしています。

Youtubeを利用した模擬受験です。ただし、これは誰でも無料で受けれる試験、かつ自宅で受験する方式のため、公式のスコアは出ません

あくまで勉強のモチベーションの維持や実力チェックのための機会だと考えてください。必要なものはインターネットを利用できる環境と問題を見る媒体(紙やPCでもokです)のみです。詳しくは公式サイトをご覧になっていただければと思いますが、リスニングとリーディングの問題を通常の試験時間で行い、最後に簡単な解説をYoutube上で行うという形式です。

私も今は英語の勉強に時間がとれていませんが、受けてみようと思っています。これで点数が低くなっていたら、LLYを利用して勉強しようと思います。


さて、今回は就活における英語の実力についてと、動画配信サイトを利用したおすすめの英語の勉強方法についてご紹介しました。2020年6月末までにこの記事を読んでくださった方はぜひTOEICの無料受験してみてください!

それではまた次回の記事でお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました